So-net無料ブログ作成
検索選択

日記野郎

nikkiyarou.JPG

サンフレ絵日記とか、サイエンスの国のありす4コマとか、新谷明弘のblogです。




サンフレッチェ広島 0−1 サガン鳥栖 [サンフレッチェ]

22分の飲水タイム。
普段ならハーフタイムまで待つ必要があるが、今日はこの時間が試合を止めての最初の修正タイムであった。
ここで劣勢だったサンフレッチェはキッチリと修正。
その後試合はサンフレッチェペース。

ただ。
ゴールが生まれない。

少しだけシュートの体勢がズレているのか?
シュートしてるが、綺麗に枠に飛ばない。
鳥栖の守備が良いのか、ほんの少しズレてるのか、この感じは入らない軌道だとわかってしまう。

圧倒的な相性の鳥栖戦だが、実はここんとこ特に活躍されてしまうのが吉田豊。
この日もアンデルソンロペスとバトルして、良いパフォーマンスだった。

兎に角、ゴールが入らないサンフレッチェ。
一方、鳥栖のゴールは、アレが決まってしまうのだった。
20170730.jpg


スーパーゴールが生まれると評判のサンフレッチェvsサガン鳥栖戦だが、ヤラレタ。

勝利のためには、無失点で……と思うのだが、
でもやっぱりこの内容の試合ができるのなら、やっぱりゴールがね。

タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ルヴァン杯 FC東京 1−0 サンフレッチェ広島 [サンフレッチェ]

ルヴァン杯プレーオフセカンドレグ。
第1戦を0ー1でなんとかまとめて、さあ後半。
森保監督解任からヤンヨンセン監督に。
3バックから4バック。
4−2−3−1。
3のとこに柏。
丹羽がスタメン。左サイドバック。

色々変わっている。

試合開始からピンチもたくさん。
ただ、良くわからないが、防げてる。

一方、試合前に予想した柏からクロスが沢山入って……という
サンフレッチェの攻撃はうまく行ってない
まあね〜、新監督のもと、まだ攻撃面の整備が間に合ってないサンフレッチェ。
FC東京は森重がいないのでスキができるか?と思ったが、守備が堅い。

ただ、一瞬で決まりそうなのもあった。

今までと形が違うので、うまくいって無さそうでそれなりにチャンスにもなって戸惑う。
特に、柏とミカのサイドの攻防は、それが当然と思っていたので。

ルヴァン杯は、工藤とフェリペと宮吉のコンビネーションの期待値が高かったのだが、
そっちをテーマとした試合にはならなかった。
皆川1トップにおいて、クロスを意識した試合だったが……後から考えるとパトリックを入れたシミュレーションの試合でもあったか。

ルヴァン杯プレーオフ突破には、ここアウェイの地で2ゴール欲しい。
なので、カウンターに入りかけたとこでパスミスをして、室屋に凄いミドルきめられた1失点は……まあ予定通りでもあるのだが……。
問題は、点がとれなかった。という。あれだ。
これまでサイドで圧巻のパフォーマンスだった柏を前に持ってきても……それで解決するわけでもない。

第2戦は0−1。2試合合わせて、サンフレッチェ0−2FC東京となり、
ここでルヴァン杯は敗退となったのであった。
今年は、ルヴァン杯か天皇杯がとりたかったのだけどね。
20170726.jpg

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

9月の海の触手の姫の電子書籍版 [漫画]

2017年7月17日(海の日)の
第3回いっせい配信「創作同人2017年7月」に
「9月の海の触手の姫」で参加します。

電子書籍は
BOOKWALKER
KINDLE

KOBO



で、それぞれ7月17日に配信開始予定です。

夏休み明けに、女子中学生が、海の秘密基地に行って、触手と出会う。
……という話です。あと、舞台が昭和。
本文78Pです。

海の日にちょうど良いかなぁ……と思って…もしよければどうぞよろしくです。


試し読みサンプル
pixiv

ePUB Viewer for Twitter




タグ:電子書籍
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

天皇杯 FC岐阜 1−2 サンフレッチェ広島 [サンフレッチェ]

天皇杯はFC岐阜、大木武監督のパスをつなぎまくるサッカーとの対戦。

そして、今年のサンフレッチェのトレンドはやっぱり、先に失点。
21分、福村に決められる。
鹿児島ユナイテッドFC戦に続き、やっぱりそういう流れからのスタート。

そのままハーフタイムを迎え心配しつつも、
ここからを、諦めずにやればできるはずだ、とも思う。
2点差を一旦は逆転した浦和戦、1点差をギリギリで追いついたF・マリノス戦

そして56分、工藤のゴールで同点。
61分、PKをフェリペシウバ決め逆転。

ほら、な!

安心。
大丈夫。
岐阜に関根は居ないはずだから。
たぶんね。
最悪同点はあるかもね。
でも延長戦に入れば、優位に立てるはずだから大丈夫。

ハラハラしながら、TSSサンフレッチェサイトの実況と、twitter検索で試合を見守る。
そう、今日は久しぶりの映像中継なし。

追加点のチャンスを外す実況に
「頼むよぉ〜」
と思いつつ見守る。
gifu .jpg

試合終了。
よし!

あと、SANFRECCEでTwitter検索してたので
「どうやらネイサン火傷にサンフレッチェで署名します」なんていう英語のツイートを1つ拾う。

え?本当に?
と思ったら、翌日、本当にネイサンバーンズ獲得の発表きた。

徳は孤ならず 日本サッカーの育将 今西和男

徳は孤ならず 日本サッカーの育将 今西和男

  • 作者: 木村 元彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/06/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ