So-net無料ブログ作成
検索選択

日記野郎

nikkiyarou.JPG

サンフレ絵日記とか、サイエンスの国のありす4コマとか、新谷明弘のblogです。




サンフレッチェ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ルヴァン杯 ヴィッセル神戸 4−1 サンフレッチェ広島 [サンフレッチェ]

GW連戦開始。
若手主体のチームに、フェリペとミカが入る。

リーグ戦は苦しんでいるが、ルヴァン杯はまずまずのサンフレッチェ。
ここは、いい感じでリーグ戦にも繋げたい。


……と思っていたのだが、開始早々神戸のファーストシュートが決まってしまう。

ああ!今年の流れだ!

もうこれはそういう力が働いているものと受け入れるしかないのか。


とにかくうまくいかない前半。
いや、カウンターに繋げそうな面白い守備もできてはいるのだけど。

あれだな、みんなで大縄跳びをしてる構図と同じ。
20170426.jpg

1人がひっかかると縄跳びは止まってしまう。
対戦相手からみたら、一番弱いところを止めれば全体を止めることができる。

そんなわけで前半で4失点。
にしても神戸は、簡単に枠内シュートを撃ててる。撃たせてしまってる。

後半、青山、野上がイン。
そして前半とは違って、神戸のシュートが枠を逸れていく。
そしてそして、長沼の初得点。

いきなりの失点で、攻めないといけなくなった前半。
ただ、攻める形のバランスが崩れていたのかな。

勿体無い1試合となってしまったか?

サンフレッチェ広島 3−3 ベガルタ仙台 [サンフレッチェ]

広島25周年記念試合。
スペシャルゲストにサンパイオ。

勝つぞ!
と試合に入るが、前半はやはりなかなかゴールが生まれそうにない。
うーん。
と、思うけど、考えてみたら前半0−0で動かないのは、前からだったことを思い出す。
寿人から浅野への交代が機能しまくっていた時も、そうだったな。

後半。
54分に柏。60分に工藤がゴール。
やった!
これで勝てる!!

しかも、今年初めての複数得点。
……そりゃもう安堵感が出てしまうか。
20170422.jpg

勝てると思ったら梁勇基に決められ失点。
まだ、1点差と思ったら、FKを三田にビューティフルに決められ同点。てっきり梁が蹴ると思っていたが。
まだ同点だと思ったら、石原に決められ逆転される。

安堵感め!
と、思う。
けど、相手がリスクを負っても攻めなきゃいけなくなった時、攻守のバランスを崩してるのがサンフレ側なんだろうな。

複数得点したのに、しくじったという脱力感で、このまま終わりそう。
ただ、実は仙台も今年失点が続いているチーム状態。
つけいる隙はあった。

アディショナルタイム、ラストプレイで同点に。柴崎晃誠が決めて同点。ギリギリの時間で。

劇的ではあるが、納得はできない試合でした。
今年ゴールがなかなか奪えない中で、3失点しながらも負けなかった。3得点できた。
後味は良くない。でも。いや、でもでも。

今年の流れ的には何か起きるところかもしれない。


タグ:SanFrecce

サンフレッチェ広島 0−1 横浜F・マリノス [サンフレッチェ]

イースター in Eスタ。
イースターというと、夕方に再放送してたトムとジェリーの「イースターおめでとう!」が再生されてしまう世代です。

まいどおなじみこのカードは、塩谷vs齋藤学。
リベロは野上。ボランチは柴崎と丸谷。

公式戦2連勝で、いけそうな気分だったのだが、開始早々に、FKからドフリーになっていた中澤に足で決められ失点。
20170416.jpg

やられた……というより、やっちゃった感。
ただ、公式戦2連勝といういけそうな気分があるので、それほど落ち込まない落ち込まない。

顔見せ的なミドルシュートからだんだんと少しづつ相手ゴールに迫っていく。
流れ的には悪くない、シュート増えてきてるのだが……枠にいってない。

いつの間にか齋藤学が逆サイドにいっていたりして、あれ?どういう作戦かしら?
というのもあるのだが、問題なくシュートまではいけてる。
けど、枠にいかないシュートなのよね。

イケそうという期待と、勝てない時の不安が混ざり合うハーフタイム。

後半。見せ場は増えてくる。
が、やっぱり最後は決まらないシュート。

ヤバイ。
と思うが、Fマリノスの追加点は幸運力でなんとか凌ぎながら時間が進む。
今日は、まだ運が残ってる。

だが、だが、だが、枠内シュートが増えていかない。

結局そのまま試合終了。

シュート数23本vs9本なのに、敗北。
ただね。枠内シュート数だと、3本vs3本。
まあ、妥当な結果だ。
この辺がね~。

参考に。
サンフレッチェ広島 2017マッチレポート | 4月16日 vs 横浜FM | Football LAB ~サッカーをデータで楽しむ~
http://www.football-lab.jp/hiro/report/?year=2017&month=04&date=16


タグ:SanFrecce

ルヴァン杯 アルビレックス新潟 0−1 サンフレッチェ広島 [サンフレッチェ]

ガンバ大阪に勝って、なんとなく良い流れになりそうな気が。
だからこそ、若手主体のこの試合は勝たねばならぬという意味合いが強い。
なんとなくいけそうだから、ちゃんといけるようにしないと。
ここで負けると、やっぱり駄目なんだという、ダメージがでかい。
なんとなく無駄にしてしまう1試合になりかねない。

試合開始からアルビレックスの前線からのプレスによって、DFのパス回しボールを奪われピンチが何度も。
ただ、廣永が安定してる。うん。

こっちのパス回しが問題だ。
シュートまでのパス回しが整っていない。
相手の守りで切られてる。

ボランチの丸谷のとこがスーパーなら繋がりそうだが……と見ていたら
28分、テンポよくパスが繫がり右サイドからクロス。茶島ゲット。
そう、テンポ良く、気持ちよくパスが回れば、ほらほらみんなも、良い感じ〜。
になるのよね。
20170412.jpg


さあ先制した。
さあ、守って、カウンターだよ。
のだが、深い位置でボールを奪ってパスを繋いで……というのがいまいち防がれてる。

68分あたり。
アルビレックスにボールを回される。シュートを打たれる。
あぶない、あぶない。

ただ、守れそうな……そんな雰囲気もある……けど。

右サイド、森島、長沼、川崎のとこを攻め込まれてる。
川崎が足をつったので、すかさず塩谷イン。

そして、守れそうな雰囲気のまま試合終了。勝点3。

ゴールシーン以外は、華やかさに欠ける、パスを途中で奪われがちの試合だったけれど、
それでも勝点3を貰っていく試合ができました。
反省しながら、前へ進める姿勢ができたかな。



スポンサードリンク

ガンバ大阪 0−1サンフレッチェ広島 [サンフレッチェ]

4連敗中のサンフレッチェ。
今季まだ負け知らずのガンバ大阪。
しんどい相手。ここでガンバかよ。

青山が怪我で欠場で、ボランチは柴崎と野上のコンビ。
開幕前には想定外のコンビ。
ただ、かつて徳島をJ1に昇格させた柴崎のボランチの力がここで。

試合開始。
まずまず。
連敗中でしんどい相手を考えればまずまずの試合の入り方。
ピッチがスリッピーでちと怖さもあるが、ちゃんと守れている……という自信がね。

攻撃の方は、コンビネーションが合いそうな時は、きっちり守られてしまっているが、前半はこんなものでも良いという強敵補正でまずまずか。

高橋壮也vs藤春は、なかなか面白いバトル。
格下のやってやろうメンタルが凄く出てる。

ピンチのシーンはやっぱりカウンターだな。
攻撃のミスが守備のピンチに繋がるのは確かにその通りだな。
でも「狙われてるな縦パス」が奪われずに通れば攻撃のリズムが一気にうまくいくのだよな。

とにかく、スコアレスのまずまず感でもってハーフタイムに。
うん、まずまず。

試合が動いたのは52分。
フェリペシウバのシュートがバーを叩いた跳ね返りを工藤がゲット。
どこにいれば点が取れるかわかっているとてもFWらしいゴール。

良し!これでいけるかも!

いけるかも…といえば、カープ加藤がノーヒットノーラン狙えそうとの情報が。
パソコンでサンフレッチェ。iPad ProでカープをW視聴だぞーん。

時々止まる映像をチェックしつつ時間は過ぎていく……あらら気がついたらランナーが出てた。
「ごめん、自分が見てしまったからだ…」
罪悪感がしてしまう。

アディショナルタイムは5分。
守れそう……1失点しても最悪引き分け……いや調子の悪いチームはここから逆転されがち。
そぐそばにある最悪パターンも頭に浮かんできてハラハラ。

そしてついに今季初勝利が。
ピッチに大の字。

たった1勝だけど、感動的だった。
20170407.jpg


あ、そうそう。
カズが練習場に復帰。


スポンサードリンク


タグ:SanFrecce

サンフレッチェ広島 0−2 柏レイソル [サンフレッチェ]

エイプリルフールの日。

試合開始いきなりの失点。
GK林卓人が飛び出してクリアしたボールがレイソル側に。
とはいえそういう距離からは決まらないだろうと思ったら、DFの頭とゴールのバーの間を綺麗に通り抜けてゴール。
20170401.jpg
ビデオゲームだったら、「今のなし」でリセットボタン押すところ。

代表戦での中断期間に守備のブロックの見直しもして、この日に備えたのに。
うまくいってない時は、こんな事が起きてしまうのかよ!
最悪である。

だが、今日の前線のフィーリングは悪くなさそうだ。
同点に追いつけそう。

だったのだが、30分くらいから
レイソルの前からのプレスvsサンフレッチェの後ろのパス回しのバトルという構図に。
困った時はアンデルソンロペスに向けて蹴れば良いのである。余裕が無くなったらそういう選択肢がある。
…のはずなのだが、レイソルのプレスに負けてピンチになることも。
相手の守備が機能してる。気持ち良く守備をさせてしまっている。
守備というものは、ミスしたらいけないものなのだが、
この構図だと、ミスしてはいけないのは、後ろでパスを回すサンフレッチェ側なのよね。
プレスに来てくれた方がサンフレッチェとしては嬉しいはずなのだが、あれれ?

この壁を越えれば良い事が待っているような気もするが、こういう構図になっているとこがピンチなのだ。

ハーフタイムを挟み後半開始。
何度かチャンスを作れているの。
けど、守られてしまっている。そしてPKで失点。

今日は負ける日だったなぁ。
とはいえ、こうもゴールが奪えないものか。守られてしまうのか。
イエローカードも多いしね。

本来なら、勝ったり負けたりしながらチームの完成度を上げていくとこなのだが、その目論見はいきなり崩れた今日の試合。
高い位置でボールを奪うのが今年のテーマだったのだが、結果ここまで相手の守備が効いてるのがね。


タグ:SanFrecce

コンサドーレ札幌 2−1 サンフレッチェ広島 [サンフレッチェ]

相手は昇格組のコンサドーレ札幌。
今日こそは勝ち点3を。

試合開始から、良い感じで攻めれてる。
アオから良いボールが出るし、ミカも裏をとれてる。
うん、研究されてない頃の相手みたいだ。

だが、12分。センターライン手前からの長いボールが都倉に繫がり失点。

う、う〜ん。
でも、今年一番良い感じで試合に入ってる。大丈夫。

そして、21分にCKから水本が決めて同点に。

よしよし、一安心。あとは追加点を奪って逆転だ。

などと楽観的になっていたら、44分に、FKを折り返されてオウンゴール。失点。
よりによって前半終了間際に2−1にされ、ハーフタイムに。

ああ、こういうとこが、今のチーム状態だな。


まあでも、この調子なら、いけるよ!大丈夫!
と思いつつ、後半開始。

いけそうだ……けど、前半よりも少し、なんだか、切れ味が鈍い感じ。
試合が落ち着いてきてる。
コンサドーレのバランスが取れてきたか?

70分前後は、コンサドーレの時間。
ヤバイピンチもいくつか。
ただ、ここはなんとかガマンすることができた。

1点差。
イケる!と思っていたのが、時間が進むにつれだんだんと焦りに変わり、そして敗北の匂いが充満してくる。

駄目か、駄目なのか?
でも、アディショナル5分の表示。
最後に5分間という希望。

最後に残っていた希望だったのだが………。

20170318.jpg


と、いうわけで、開幕から3敗1分、勝点1となりました。
3月は勝ち星なし。
CKからの2ゴールのみ。
流れの中からゴールできてないのよね。


確かに良くなっている手応えはあるのだが………。
ま、シーズン途中の勝てなくなってる時期が最初に来たと思えば……。
風間大僧正のフロンターレの初期と思えば良い……の。


次の試合は4月1日と少し先なので、なんとかそれまでに。
それまでに、なんとか。

タグ:SanFrecce

ルヴァン杯 サンフレッチェ広島 0−0 ヴァンフォーレ甲府 [サンフレッチェ]

DAZNで、スカパー!とはこれでお別れなのかな……
と思っていたら、ルヴァン杯があったのです。
えーと、ただいま。
あと解説は浩司。

ルヴァン杯は、今年から21歳以下の選手をスタメンに1名以上起用するレギュレーションに。
ピッチに立つメンバーは若い。
その中で土屋征夫42歳が光る。

試合開始。
パスを繋いで、時々ゴール前まで迫る。
30分頃には、高橋壮也がいい位置でアタック。
あと少し。だけどもう一つ越えねばならぬ関門がある感じ。

後半。あとはシュート枠に飛べばというところまでいくが、
やっぱりもう一つ越えねばならぬ関門がある。

ただ、ここまで失点せず同点できているのは悪くない。
最後に仕上げることが出来れば。

ということで、千葉、青山、フェリペを順番に投入。

20170315.jpg

さあ、予定通りゴールを……………といかない。
うーん、残念。スッキリはしないのである。
悪くはないんだけども、なかなかゴールを奪うことができてないのよね。

この試合、プロ入りしてから怪我で手術とリハビリをずっと繰り返していた川崎裕大がピッチに立ちました。
あと、今、リハビリ中の佐々木翔に甲府サポから応援の幕が。

サガン鳥栖 1−0 サンフレッチェ広島 [サンフレッチェ]

勝手に退会完了メールが届くという
DAZN春の退会祭りの後のJ1リーグ第3節。

サンフレッチェはここまで1敗1分け勝点1。く、苦しい。
今節の相手は、サガン鳥栖。やたらと相性の良い相手。イケそうな気がする。
そしてベストアメニティスタジアムは、サンフレッチェ的にはスーパーゴールが生まれやすい土地。
イケそうな気がする。

スタメンに、青山が戻り、ボランチのパートーナーに丸谷が。
シャドーに柴崎復帰。
今日はアウェイの黄色ユニなのだが、ソックスも黄色で、とても黄色い。
そして実際の試合も、黄色くなってしまうのだが……。

さて、天気も良く、試合開始からボールもキープできてる。
やっぱり今日はイケそうな気分になる。
ゴール近くでのミスからピンチになっても、ギュッと守れてるし。

右サイドはミカvs吉田のバトル。
吉田に守られているが、守らせてるともいえる。
そして左サイドの清水に長めのパスが入って攻める。攻める。攻める。
今日はそんな右左のバランス。
今日は清水デー。
イケそうな気分。

前半終了間際。ペナの少し外でFKを与える。
まあでも大丈夫。ま、大丈夫な位置だろう。
と思ってたら、原川に決められる。
危険!! だろう観戦!!

前半終了間際の失点。
点がとれそうな雰囲気はあるが
今年まだ勝ってないチームにとってはしんどい!


そして1点を追わねばならぬ後半なのだが、あら、良い感じである。
外は攻めてる、その流れで中もコンビネーションでいけそうな気配。CKもたくさん。
イケるかも。

65分。丸谷に2枚目イエローで退場。
早いリスタートを防ぐべくボールの近くにいただけだが、つい足が反応して、イエローに。

10人。く、くるしい。

しかし、シャドーにアンデルソンロペスが入り、良い感じになってくる。
あら、イケるかも。

残り時間が無くなってくる。
逆転は無理でも、同点なら。
と、目標を下方修正して、イケるかも。

これまでの試合で一番手応えあった。
だけども試合はそのまま1ー0で終了。

ウノゼロだ。
手応えあったけども、
イタリア人監督のチーム相手1ー0で敗北。

うーん。
手応えあるんだけど、してやられたと考えると、黄色信号だなぁ。
20170311.jpg



毎年春のACLの難局みたいな感じだ。

タグ:SanFrecce

サンフレッチェ広島 0−1 清水エスパルス [サンフレッチェ]

青山、柏が欠場。
左サイドは清水航平。ボランチに森島。シャドーに茶島。
GKは林卓人復帰。

ボランチの森島のワンタッチで繋ぐのは、リズム感あって面白い。
身体は小さいけど、ボール獲られそうで獲られない強さがあるので面白い。

ただ……トップとシャドーのとこへ仕事が回ってこない。
フェリペが良いとこを見せれていない。
中は攻めづらい。

サンフレッチェはサイドから攻めて行くのだが、それを上手く守っているエスパルス。
2人で良い間合いで良い幾何学的ポジショニングでミカと航平を守るエスパルス。
29170304.jpg


この辺小林伸二監督だなぁと思う。
あっちは攻めづらいなと思って、こっちを攻めてもそこを守ってくる。

こちらの時間が来るまでガマンしていたのだが、
あれ?っていうPKで失点。

失点してからは、パスで繋ぐ形は出来てくるのたけど、当然スペースはなく守られてしまう。
痛いな。痛いな。痛いなぁ。
開幕ホーム2連戦がわずか勝ち点1。
これには反省……。

強引に点を奪えそうな時は、塩谷のシュートが入るかどうかというのが、苦しい状況。
闘莉王大作戦みたいなことになってくるぞ。
基本はパスワークで相手を翻弄するはずなんだけど。

あ、今節はMacBook Airで見ただぞーんだけど、くるくる時間よ止まれ!したのは1回だけだったかな。
タグ:SanFrecce
前の10件 | 次の10件 サンフレッチェ ブログトップ