So-net無料ブログ作成

日記野郎

nikkiyarou.JPG

サンフレ絵日記とか、サイエンスの国のありす4コマとか、新谷明弘のblogです。




サンフレッチェ広島 1−1 北海道コンサドーレ札幌 [サンフレッチェ]

ホームで、1つ上の順位の14位北海道コンサドーレ札幌との対戦。
ここで勝てば15位のサンフレッチェと順位逆転。
6ポイントゲームだ。

スタメンにフェリペシウバと稲垣を起用。
高さ対策なら野上のような気もするが……この辺も何か計算があるということだろうか?

身長に利があるコンサ。
でも大丈夫だ。直接的にやられてはいない。ふむ、計算通りかな。
むしろチャナティップが、ちとやっかいか。
コンサで1人180cm以下のチャナティップ。158cm。
ドリブル、キープ力あって、ボール取りに行けない。そしてパスで繋がれる。
そこまで危険なシーンは作らせてはいないのだが……試合を簡単には支配させないパワーを感じる。

サンフレの攻撃で、いい感じでカウンターシーンもあった。
が、そこからの精度が……惜しい。
相手が元気なうちは仕留められない。
そんな印象で時間が進んでいく。

順位的に追う立場のサンフレッチェ。
逃げる立場のコンサドーレ。

先制点が欲しい。欲しいのだ。
今日は勝点3で順位逆転の予定なのだ。

……そして56分。そろそろ…という頃合いにPKゲット。
一度やり直しになるも、GKの届かない場所に再び決めて、先制点。
よし。予定通り。

リードしてカウンターが狙いやすくなるはずだが、やっぱり今日は攻撃が今ひとつ。
追加点を奪えない。

守れればそれで良かったのだが、追いつかれてしまう。
PKだった。
PKだったか〜。

残留争いの直接対決で同点。
ここから1点獲れば順位が入れ替わるぞ……という期待感。
でも、コンサのセットプレイがぐっと怖くなる。

サンフレは交代で入ったカズが、チャナティップからボールを奪取しカウンター。
皆川が落としたボールを柏がシュート!
83分。
だが枠外だった。

ドロー決着。順位変わらず、お互い勝点1ゲット。
20170930.jpg


一方16位甲府は勝点3積み上げて、勝点で並ばれる。
さすがは残留職人。ここにきて調子上げてきてる。甲府は残留圏に入ると想定しといたほうが良さそう。
と、なると……むむむ。
今日勝って順位上げときたかった。

そしてサンフレッチェは次節から、
鹿島、川崎、浦和の上位3連戦。
そうなのよね。むむむ。


タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(0) 

清水エスパルス 1−3 サンフレッチェ広島 [サンフレッチェ]

アディショナルタイムに2ゴール!
6月に某オレンジチームにやられた事を、オレンジチームに対しやり返してやったたよ。
20170923.jpg


水曜日に天皇杯延長120分を戦ったサンフレッチェ。
ただし、今日のスタメンで120分組は水本、野上の二人のみ。
うん。このへんは連戦のマネージメント。

試合開始6分に、CKから水本のヘディングで先制。
ニアへ、いいコースどりで入っていってたね。
幸先良い。

解説でサンフレの守備が堅い堅いと褒めてくれる。
そこまで言われるとどうかな?と思うけど。
何度かペナにまで侵入されてるし。
でもマークはいるのよね。
それに今年前半のような、そのシュートがそんな精度で決まってしまう、ひえーどフリーだー……的な事が無くなってきてるのも確かだ。

まあそんなわけで、堅守のサンフレが、しっかり守る。
そしてカウンターを仕掛ける。
のだが、今日は攻撃の最終局面でのフィーリングがイマイチ。
優位な感じでボールを運んでも、フィニッシュへうまくつながらない。エスパルスに守られてる。

ゴール決まらず……が続く。

“堅守”と、“決めれる時に決めておかねば…”というポジネガ要素重ね合わせ状態で時間が進む。

そして84分に結局、なんかふわりとしたタイミングと軌道で入れられたクロスを
テセに決められて同点。
やられたか。

だがここからだった。
先に交代でピッチに入ってた、シウバ、稲垣に続き87分にカズがイン。
天皇杯スタメン組が3人入った。

そして結末は最初に書いた通り。
連戦のパズルをうまくリスク管理して乗りこなした気分である。

ま、天皇杯で120分闘ったF・マリノスが、残留職人の甲府に敗れ勝点3を献上してしまったけどね。
調子を上げてきてるのは、うちだけじゃないし、まだこれから。




スポンサードリンク


タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(0) 

天皇杯 横浜F・マリノス 3−2 サンフレッチェ広島 [サンフレッチェ]

試合開始前の選手紹介で
「アンデルソンロペス」のイントネーションにざわめきが起きたニッパツ三ツ沢サンフレゴール裏。

茶島が右サイドバック。
カズがボランチ。
7と8が同じピッチにいるとやっぱりテンション上がるね。

前半は、完全にサンフレッチェが格上だった。
CKから皆川ゴール。上り調子のシウバもゴール。
2点リードしてボールもまわるまわる。

ただあまりにもF・マリノスのパフォーマンスが悪かったので
ハーフタイムに修正してくるかな?

後半、その予想どうりとなる。
予想していた範囲で抑えれるかどうかの勝負に。

2点の貯金。
脇PKで1点失う。
が、ここからが勝負だ。

貯金があるうちに追加点が欲しかった。
88分ウーゴヴィエイラに決められる。
同点。
交代で青山が入ったので、一度マイボールになれば……と思ったのだが、その前に決められた。
残り時間で決勝点を奪うチャンスもあったが、シュートの体勢が苦しい。
決まらない。

延長戦に入る。
工藤のとこにラストパスが回り出した。だが決まらない。
脚をつる選手が続出して、このままPK戦かと思った120分。

GKからのボールを追いついたウーゴヴィエイラが。

角度のないとこから。
20170920.jpg

今年は、選手起用的に天皇杯が狙い目だったにだが
ここでその道ついえる。
にしても、計5ゴール全部ピッチの向こう側だったのよね。


nice!(0)  コメント(0) 

サンフレッチェ広島 1−0 セレッソ大阪 [サンフレッチェ]

昼はマツダスタジアムでカープM1からの試合をDAZNで視聴。
アライさんも打ったのだが、優勝決定ならず。
そして夜。
サンフレッチェが強敵のセレッソと対戦。
5月のアウェイでの試合は 5−2 でコテンパンにされた相手
厳しい。
でも残留争いを生き抜くには、なんとかなんとか勝点をゲットしたい相手だ。

試合開始。
すぐ2分に杉本、4分に山村にシュート打たれる。
いきなりのピンチ。
だが、あれが決まっていればなぁ……と思うことになるのだ!フハハ!
という強い気持ちでDAZN中継を見続ける。
とはいえこっちがボール失うと、きっちりカウンターで攻めてくるセレッソの怖さを感じるのである。
リスク管理大切。

そして最大のピンチは38分。
クロスをGKがキャッチしきれず杉本の目の前にこぼれる。
1試合に1回ある“惜しい中林”ピンチ。
だがここで、高橋壮也の右足が綺麗にシュートブロック。
いいぞ!決定的な仕事をやったな!!

スコアレスのまま試合は進む。
このままいけば勝点1ゲット。悪くない。
と思ったが、他会場では残留ライバル達が良い試合をしてる。
勝点1では置いていかれるかも……。

65分。
交代出場のシウバが美しいカウンターゴールを決める。
青、シウバ、そしてパトへとパスが繋がりカウンター発動!
最後パトからシウバにパスが出て、キーパーの逆に蹴りこむさすが!のシュート。
こういうの見ると、背番号10番フェリペシウバに期待しちゃうのよ。

1点のリード。
怖い怖いセレッソのCK。
だが大丈夫だ。守れてる。
4ヶ月前とは違うぞ。

そして無失点。
かくして勝点3ゲット。
さらに気になっていた他会場の結果がうまいこと15位浮上。
すなわち降格圏脱出。
20170916.jpg

まだ残留争いにおける、対戦相手のめぐり合わせで、ほんの僅かなリードを手にしただけではるけど。
でもこれからも少しづつチーム力を高めていけば、いけるのではないか!
そんな試合でした。





スポンサードリンク


タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(0) 

アルビレックス新潟 0−0 サンフレッチェ広島 [サンフレッチェ]

最下位に沈むアルビレックス新潟との直接対決。
お互い勝ち点3を狙う相手。

中断前とメンバー的には同じだが、
たまに流れるようなパスワークで攻め入ることのできる
サンフレッチェ。

CKのチャンスに先に触れている。
クロスからヘディングも。

ただ今日は、頭で決まりそうになかったな。
パトリックも、前線でのボールの収まり具合でいうと今日はあまり良くない。

逆に新潟のタンキは、DF付いててもとりあえずボール収めるので、ちとやっかい。

ギリギリの危ないシーンもあった。
ゴールライン上のボールをギリギリ掻き出す中林というシーンもあった。

ただ、それでも今日は無失点だ。
すなわち今日はスコアレスドロー。
20170909.jpg

お互い悔しい勝点1を分け合うことに。
ああ、がっかり……。

なのだが、大宮が負けたので、順位は1つ上がって16位に。
しぶとく勝点を稼ぐと、次が見えてくる。


タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(1)