So-net無料ブログ作成

日記野郎

nikkiyarou.JPG

サンフレ絵日記とか、サイエンスの国のありす4コマとか、新谷明弘のblogです。




コミティア121お疲れ様でした。 [漫画]

コミティア121お疲れ様でした。

9月の海の触手の姫 17冊

サイエンスの国のありす(2014・15) 5冊
サイエンスの国のありす(2009-2011) 2冊
サイエンスの国のありす(2012・13) 2冊

オレの電書ライブラリーがヤバい件 他1 2冊
ダンジョン経済におけるまほうつかいの 3冊
公共事業婚活天使 1冊

計32冊でした。
まいどあり〜。

今回はちょっと前に風邪ひいたり色々忙しく心整わず、当日もサークル入場に間に合わず目の前で入口シャッターが降りるさまを見たり。

でも今回ティアズマガジンで、「9月の海の触手の姫」の感想が取りあげられたりしてね。
それで、新しく興味を持って買いにきてくれた方々もいらしてね。
なんか小さいながらも描いて発表した手応えがあってね。
そうそうコレが大切なんだと。

あと、この季節、Jリーグの各サポーターの贔屓クラブの昇格降格がアレコレ見えかけてきてるけど、まだ時間はあるのでまだそこまでピリピリしてない会話。

そんなコミティア122でした。

そうそう、コミティア会場では、
最近"完全に売れかけてる"あの人とも会えまして、
「頑張って〜」とエネルギーを貰ったのでした。
時間をうまく使ってまた新作を描きたいなと思ったのでした。



この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

  • 作者: こうの 史代
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2008/01/12
  • メディア: コミック



タグ:COMITIA
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:コミック

大宮アルディージャ 1−1 サンフレッチェ広島 [サンフレッチェ]

早目にチケットとらないと席がなくなるNACK5スタジアム。
良いスタジアムだけど、もうちょっと大きくても良いのになと思う。
そんな大宮との6ポイントマッチ。

大宮の攻撃は、サイドに1人選手が余っていて、そこにボールが入るとクロスまで行かれてしまう。
攻撃を遅らせても、サイドチェンジでその状況を作られてしまう。
どうにもこうにもボールが奪えず、攻めいらせてしまう。

サンフレッチェとしては、クロス入れさせられても、最後はやらせないぞ
で対応。
サイドに人がいるぶんクロスに合わせる人数は少ないはずだし。

そして守って、さて攻守交代に。

ではあるのだが、
マイボールになったらこっちのものだい!
という遅攻の達人ではないので
ターン制で攻めあう構図に。
守備が整備されてきた大宮相手で
これは……互角かなという状況。

ああ、そういや、前日の監督インタビューで、「しっかり攻撃すること」というのが強調されてたけど
こういう予想があったのかも。

3−5−2だった時は、サイドがミカと柏なので
サイドは基本的にサンフレが押し込む形に慣れてるので
こういうサイドの攻防は珍しい感覚。
あと、今日はロベスもあまりシュート撃てず、イマイチ。

互角かな……だったが、試合を動かしたのはサンフレッチェ。
ターン制で攻めあう雰囲気だった中で、高い位置でボールを奪う。
一旦は攻撃クリアでまたターン制になりそうなとこを、青山がマイボールにし、波状攻撃。
ここで、丹羽からのクロスがパトリックに合い先制点ゲット!
よし!ハイタッチ!!

あとはこのまま守れれば……なのだが、現在時刻は53分。
ちと早い。
そう思っていたら、早々に60分。セットプレーから失点。
FKを合わされる。
ちと早いよ。

勝点3が欲しいが、相手に勝点3を与えたくない時間が続く。
攻めたいが、セットプレーで失点するのも嫌だ。
そんな感じだったのだろうか?

水本のヘディングがGK真正面だったり、勝ち越しチャンスはあったが、そのままドローになる。
20170826.jpg

勝点3が欲しい。
だが、新しいシステムでのチームの状態をいかに早く向上していくのか
というのも重要。

代表戦でJ1リーグ戦が1週お休みで、トレーニング時間がとれるので、そこでうまくいけば……。
それはライバルチームにとっても同じことなので、ここでどう準備し整備していくかの勝負か。


タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

プレドニゾロン2.5mg [天疱瘡]

201708ten.jpg

デスモグレイン3抗体 218。
前回169から上昇。
数値少し上がったので、プレドニゾロンは減量せずそのまま。
んで、いつもの胃薬タケプロンからネキシウムに変更となりました。


前回からの間に、胃のへんがさらに調子悪くなってて
これはかなわんワン!
と病院へ。
嘔吐反射が心配だったけど、鎮静剤下で鼻から胃カメラ飲んで楽々検査。
そして、よくある逆流性食道炎とのことで、
タケキャブとムコスタ飲んだら……あらあら痛みが無くなっていく。
薬スゴイ。

さらに、ピロリ菌の除菌もしとこうということで、
タケキャブ20、クラリス200、アモリン250を
1週間飲みました。

ついでに、8月は風邪ひいて、ついでに咳で肋骨も痛めて、調子悪かったのです。

まあそんなアレコレあったのですが、数値はこのくらいでした。


Ost: Undertale on Piano [12 inch Analog]

Ost: Undertale on Piano [12 inch Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Iam8bit
  • 発売日: 2017/09/15
  • メディア: LP Record



タグ:天疱瘡
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

サンフレッチェ広島 1−0 ヴァンフォーレ甲府 [サンフレッチェ]

20170819.jpg

残留職人の甲府との直接対決。

試合開始からサンフレッチェが優位に立って進めるも、危険なエリアの守備は分厚い甲府。
前半ゴールに近づいたシュートは、パトリックのヘッドがポストに当たったくらいか。
サンフレッチェ優位ではあるけど、失点したらヤバい空気もある。

後半、甲府はリンス投入。
仕上げではないから大丈夫……だが動き自体はちと怖い。
58分、そのリンスに抜け出されフリーでヘディングされる大リンスピンチ。
怖い!けど、シュートはあさっての方向へ。リンスされなかった。ほっ。
ま、うちのアンデルソンロペスも、相手から見たらこんな怖さがあるのかもな。

そのアンデルソンロペス。
今日はあまりシュートチャンスが作れてない。
前半44分に最初のシュートだったか。
シュートを外すごとに、シュート能力がアップするアンデルソンロペスなので、とりあえずここで力を溜めておくのだ……と期待。

そして時は来た。
青山の見事なスルーで柴崎に繋ぎ、そしてロペスに。
ペナに侵入。ペナの中なら攻撃力3倍のロペス。
左足のクロス……というかシュートだったのか?
鋭すぎるその軌跡に相手DFGKはきっちりとした守備はできず、こぼれるボール。
それを柴崎が決める。
先制点!
勝点3の為の1点!

残り時間、交代枠を使わずに、逃げ切り成功。
いや、交代枠を使えば良いのに……と思うけど、うーん1点差という事で、セットプレイの身長が気になったかなぁ。

かくして6ポイントゲームをものにして、残留争いが混戦に。
勝てば抜け出せる。が、負けると置いていかれる。
まだこれから。



スポンサードリンク



タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

コミティア121でます。 [漫画]

コミティア121出ます。
8月20日(日)11:00~16:00
スペースNo.T20a 新谷明弘



最新刊は5月の新刊の「9月の海の触手の姫」です。
読むのにちょうど良い季節となっておりますので、この機会にぜひどうぞ。


9月の海の触手の姫

9月の海の触手の姫

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2017/07/17
  • メディア: Kindle版



9月の海の触手の姫

9月の海の触手の姫

  • 作者: 新谷 明弘
  • 出版社/メーカー: 密林社
  • 発売日: 2017/05/06
  • メディア: コミック



タグ:COMITIA
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ベガルタ仙台 1−0 サンフレッチェ広島 [サンフレッチェ]

連戦。
青山イエロー累積でお休み。パトリックも、ちょっとベストな状況ではないか。

試合開始から、悪くないサンフレッチェ。
ただ、仙台の守備は最後が安定してる。ゴール近くでは光らせてくれないな。

トップ下で動いてチームを活性化させたかった森島も、ちょっと不安定。ボール失い気味。
でも……悪くはないサンフレッチェ。そのうち攻撃の歯車が合う気もする。
その時間が来るまで待つしかないか。

そして後半。
前半に続きこの調子で進めたかったのだが、ボールが奪えそうで、奪いきれない時間がくる。
そう、仙台の時間だ。
イヤな時間帯だな……と思っていたら、失点。
中林、惜しい。防げたはずなのに、惜しい。

そしてここからは、点がとれそうで、守られてしまいそうな時間に。
パトリックがいるのでパワープレーも迫力あるけど……決まらない。守られてしまう。
やっぱりゴール手前では、光るファンタジーが必要なのか。
20170813.jpg

この3連戦は、1勝1敗1分け。2失点、2失点、1失点のわりには、まずまずか。
修正と構築ができない連戦を、なんとかしのいだ。
大切なのはここからの積み重ねができるかどうかか。
タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

サンフレッチェ広島 2−2 ガンバ大阪 [サンフレッチェ]

連戦。
ガンバは3人スタメン入れ替え。
サンフレッチェは柴崎とフェリペシウバを入れ替え。
パトリックに無理はさせたくないが、前の勝利の形のまま進めていきたいのだ。


試合開始。
ふむ。
サンフレッチェは、あとは攻撃がピタリと合えばゴールできそう。
でも、一方、守備が少しでも遅れれば失点しそう。
そんなバランス。

そう、攻撃がね。
今日のロペスのシュートは枠に飛ばないな……ダメな日かな?

そんなこと思っていた15分。
振り向きざまの左足でアンデルソンロペス決める。
あれ?さっきまでまったくアレだったのに、温度差がでかい。

さあ先制点ゲット。
先制したし、マイボールになったあとゆっくりボールキープしてペースを作ろうとするサンフレッチェ。
だが、ガンバもゆったりボールを繋ぐ。急がない。
サンフレッチェのペースとはならない。圧力があるのはガンバか。

ハーフタイムをはさみ、後半。
いきなり同点にされる。遠藤か。

まだ、同点。ここから。
だがPK奪われる。んんんん??というやつ。
そして、アデミウソンのシュートを中林触るも弾き出せず。惜しい。けど、アレを防げれば。

今度こそホームで勝利といきたかったが、苦しい失点。苦しい1点差。
追加点も奪われそうなギリギリしたガンバの圧力。

だが、アンデルソンロペスがまたも決める。同点。
お、どうした!?覚醒した!??

しかしまたガンバの圧力が。
中林の反応力を信じる。それを見越して、こぼれ球を千葉が先に触ってクリア。
CK。クリア。

アディショナルタイム。最後、工藤のシュート。
これが決まっていれば完成品の試合……だったのだが。
20170809.jpg

ドローである。なんとか勝点1。
2試合続けて2失点だが、1勝1分けだ。
もう少し勝利方向へバランスが動けば、行ける。
しかしまあ、ハードな試合だ。



タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

ジュビロ磐田 2−3 サンフレッチェ広島 [サンフレッチェ]

PKで失点。
しかしパトリックが落としたボールを柏が決め同点に追いつく!
だが、CKから失点してまたもリードされる。

セットプレイから2ゴールなんて、ジュビロズルい。
ハーフタイムは、2−1でホームジュビロがリード。

やばい。普通に負ける流れだ。
と、弱気に思うとこもある。
が、パトリックと青山のホットラインが出来ていた。
1点リードされてるけど、サッカーの質を考えれば……今日はいけるパターンでは?
そう強気に思うところも。

そして、後半。
やっぱりパトリックだ。同点。
そしてまたもパトリックから、最後パスをもらったアンデルソンロベスが決め、逆転。

予定通り!

さあ、この勝点3を守れるか。
守るしかないだろ。
20170805.jpg

ということで、久しぶりに勝ったのだよ。
川辺とムサエフのスタメンボランチ2人の出ていないジュビロ相手には、勝つ!
凄く負けそうだったけど。
勝てるフラグはやっぱり立っていたんだ。

しかしまあ、ハードな試合だった。
そんな試合を勝ったという嬉しさもあるのよね。




スポンサードリンク

タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ