So-net無料ブログ作成
検索選択

日記野郎

nikkiyarou.JPG

サンフレ絵日記とか、サイエンスの国のありす4コマとか、新谷明弘のblogです。




ルヴァン杯 サンフレッチェ広島 0−1 FC東京 [サンフレッチェ]

ルヴァン杯プレーオフ第1戦は、塩谷を送る試合。
キャプテンは清水航平。

勝って送り出したかったが、先制点はFC東京。
45分、クロスを阿部にマークを外されてヘディングシュート。中林触れたけど弾けず。

そこまで球際でのバトルには手応えあったし、今日のFC東京のシュートはリキみがあって不正確だったのだが……。

わずか1点なのだが、これが重い。
20170628.jpg

ルヴァン杯の特徴として、若手のスタメン起用があるのだが
試合が進むにつれ高コスト選手が召喚される……というのもある。
FC東京の交代途中出場は……室屋、高萩、永井。
むう、重い。

1点が重い。

結局プレーオフ第1戦はホームでありながら、守備のバランスを気にせざるをえない0−1。

……だが、なんとか最小失点差でしのいだのだ。
なんとか伏線を張ることには成功した。

第2戦は、1ヶ月後。
パトリックと丹羽がいる。
伏線回収できるか!?
乞うご期待。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サンフレッチェ広島 0−3 大宮アルディージャ [サンフレッチェ]

フロンターレ戦での手応えを形にしたい。
そして残留争いのラインコントローラー大宮アルディージャに、ここは勝っておきたい。

試合開始。
サンフレッチェは高い位置からプレスにもいってる。
大宮は単純なサイドラインのパスミスが目立つ。
優位に試合を進めていってるサンフレ。
シュートが枠にも少しづつ飛ぶようになってきてる。
そのうちあたりシュートを引いて得点できるかもね。
同点なら、そのぐらいの余裕で見ていれる試合展開。

ただ前半18分、大宮に、絶体絶命やばいシーンも作られかけてた。
千葉がドフリーのFWへのクロスをカットして事無きをえたけど。優位だったけど、あぶないあぶない。
そんなわけで、予定通り後半勝負だな。
という流れでハーフタイム。

そして後半。ゴールに繋がるかもしれないといえなくもないと思われるといえるのではないか攻撃を確実に繰り広げていく。
一方で大宮のカウンターを見せられる。
ちゃんと守れた気がしたけど、これ決められたらショックだな。
そう思わされる。

で、DFからのパスをなんとなくカットされて、なんとなくペナヘ侵入されて、なんとなくまだこの位置からは決められないだろうというシュートを決まられてしまう。
そんな危険な雰囲気出てなかったのに、ファーに正確に決められた。宇佐美のシュートっぽいけど、気配なかったな。

61分、大宮アルディージャ江坂先制点。

厭な予感が当たってショック。
ピッチ上もドタバタと更にピンチを立て続けに作られる。

67分、ここで2枚替え。工藤、宮吉IN。

ボールの空気が抜けてぺこぺこになって交換。

79分、宮吉決定機。ちょっとクロスに対し前に出すぎたか。決まらない。
81分、フェリペシウバIN。3枚目。天皇杯のトリオ
84分、工藤決定機。トラップしたぶんDFに詰められた。決まらず。
86分、青山決定機。DFに寄せられててコース無かったか。決まらず。
90分、フェリペシウバ決定機。ペナまで侵入できず、ちょっと遠い位置からのミドル。強引だったか。決まらず。

ああ、時間があれば……。
と思ったら、アディショナルタイム5分。
よしチャンスは残っている!

コーナー付近で時間稼ぎに入る大宮。
ああ、貴重な時間が……。
と、焦りがサンフレッチェ側に出たのか、スキができた。
中へドリブルしたマテウスがファーへ巻くシュート。
がっくりと。
更に、カウンターで抜け出した渡部がシュート。

同点に追いつくつもりのATに、2失点。
優位に試合を作っていったけど、最後の攻守に余裕が無かったか。
サイドへのパスがラインを割るアルディージャのパスミスと、カウンターを受けるサンフレッチェのパスミスの違いでもあったか。
20170625.jpg

残留ラインをきっちり上げてきた大宮アルディージャの、大きな力に飲まれてしまった。
なんの、アウェイで勝点3をとればトントンだし、ドローでお互い勝点2より良い……けど、この得失点差はちと痛い。

ガックリとするホームでの敗戦だったけど、水曜日にすぐルヴァン杯プレーオフの試合があるのだ。
このバタバタ感が、またとてもアレだよ、アレなんだよ〜。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

天皇杯 サンフレッチェ広島 3−2 鹿児島ユナイテッドFC [サンフレッチェ]

20170621.jpg

天皇杯。
前線は、工藤、宮吉、フェリペシウバ。大物感ある。
いっぽうDFは、カズ、イヨハ、稲垣。本職がDFなのは、今日プロデビュー戦のイヨハのみか。
ちなみにスタメンで身長180cmオーバーはイヨハのみかな。

だが、鹿児島のロングボールに対してはイヨハが良く対応していた。よし。
よし……なんだけども、まあ、2失点なわけである。
鹿児島の関にコントロールされたシュートを決められた。
今年良くみるあれだ。キレイに決められるやつ。

一方攻撃は、工藤、宮吉のFWらしい動きがキレイに決まり、落ち着いてシュートできてた。
宮吉と工藤は合う気がする。2トップの動きかしら?
あと、その手前の仕事をするフェリシウバの巧さも目立っていた。やっぱりちょっと違いがある。
リーグ戦で使えていれば……と思うのだが。

芝でボールがバウンドして、やりずらそうなピッチ。
今治にジャイアントキリングされたのもこんな感じだったが、今日は同じ2失点でも3得点奪ってシッカリと勝つことに成功。
よしよし。これも成長のひとつ。




スポンサードリンク

タグ:天皇杯
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

川崎フロンターレ 1−0 サンフレッチェ広島 [サンフレッチェ]

塩谷がアルアインに。
移籍金を残して。
よし、兎にも角にも活躍するのだ。

そんなわけで右CBは野上。
ボランチが青山丸谷。

相手は、ここんとこ苦手なフロンターレ。
去年はホームで0−1。アウェイで2−0
アントラーズ、フロンターレと苦手の連戦だ。

イエローユニ。GKはピンクユニ。
参考書に引く蛍光色カラーだな。

前半、パス回しに定評のあるフロンターレに対して混乱せずしっかりと守りシュートを打たせないサンフレッチェ。
いいよいいよ。
同点ならこのバランスで良い。
ただ、シュートをクリーンヒットで頭に受けてしまった柏が脳しんとうで交代。
でも、今日は青山のパスのフィーリングとか良い感じ。

しかし後半、フロンターレの攻撃が少し変化してピンチが続く。
我慢して守っているのだが、シュートまで持っていかれてる。
修正してきたな……。

その変化を我慢してやり過ごしたかったのだが、その前に阿部にミドルシュートを決められる。
中村憲剛がシュートコースの前を横切って隙を作られた。
20170617.jpg

ううーん失点。
でも、森島イン。更に宮吉イン。4ー4ー2。
1点ならなんとかなりそうな気配もある。
できれば終了間際の良い時間に同点にして勝点1ゲットしたい。

アディショナルタイム、そんなチャンスが来るが……GKチョンソンリョンがいる。
まあ、そうなんだよなぁ。
枠内なら手足が届く……そんな感じで守られてしまった。

苦手相手のアウェイだし、勝点1でOKでもあるのだが、上手くやられてしまった。
去年は2−0だったから1歩前進ではあるのだが。
悪くないのだが。
でも、無失点ではないし、ゴールも奪えてない。
アウェイでウノゼロで勝つには、まだ2つ足らない。


どこかを押さえられたら、別のどこかを攻略する。
それをするかされるかだな。
タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

コミティア120お疲れ様でした。 [漫画]

今回は、新刊が間に合いました。

9月の海の触手の姫

9月の海の触手の姫

  • 作者: 新谷 明弘
  • 出版社/メーカー: 密林社
  • 発売日: 2017/05/06
  • メディア: コミック


9月の海の触手の姫 42冊
サイエンスの国のありす(2014・15) 3冊
サイエンスの国のありす(2009-2011) 1冊
サイエンスの国のありす(2012・13) 2冊
オレの電書ライブラリーがヤバい件 他1 1冊
ダンジョン経済におけるまほうつかいの 3冊
出会い系ロボ 1冊
公共事業婚活天使 1冊
計54冊でした。
まいどあり〜。

COMIC ZINさんのとこでも通販してますので、よろしくお願いします。 http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=32508
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

サンフレッチェ広島 1−3 鹿島アントラーズ [サンフレッチェ]

石井監督解任し、大岩監督での初陣となるアントラーズ。
やなタイミングでの対戦とも思うが、最近か相性最悪だったアントラーズ相手なので、これは何かチャンスがあるかも?
などと思う。
20170604.jpg

などと思ったのだが、1ー3で普通に負ける。
前半で3失点。
失点するシーン見ると、カウンターでシュートのスキが出来てる。
慎重に行く前半のはずなのに。いや慎重に行こうとした故か。
逆に後半は、シュートブロックがハマる間合いで守れてた。

1失点目で修正できていればなぁ、という試合でした。
カズが居なかったのもね。

後半良かったのと、アントラーズ相手でもボール支配率で勝てる試合展開になるわけで
ボランチはリズムの作れる柴崎が合う気がするよなぁ。
それで2−1で勝つくらいの。

良い守備から良い攻撃という本来の戦術から見れば、ボランチの守備力を強化したいとこなのだけど……あまりうまくいってないのが辛いところ。

次の試合まで2週間あるので、さてどうしたものか。

タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

プレドニゾロン2.5mg [天疱瘡]

20170602ten.jpg

てなわけで
2.5mg継続。

デスモグレイン3抗体は
前回191が今回169。

あとは
MPV(平均血小板容積)が6.8でL
リンパ球数が0.97でL

やっぱり空気呑んでるせいか、どうも胃のあたりが妙に苦しいことが多々あるのだけども
もしかして……と、ビオフェルミン飲んでみたら、わりと調子良くなった。
う~ん?


新ビオフェルミンS錠 540錠 [指定医薬部外品]

新ビオフェルミンS錠 540錠 [指定医薬部外品]

  • 出版社/メーカー: 武田薬品工業
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



タグ:天疱瘡
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康