So-net無料ブログ作成
検索選択

日記野郎

nikkiyarou.JPG

サンフレ絵日記とか、サイエンスの国のありす4コマとか、新谷明弘のblogです。




前の4件 | -

ルヴァン杯 ヴィッセル神戸 4−1 サンフレッチェ広島 [サンフレッチェ]

GW連戦開始。
若手主体のチームに、フェリペとミカが入る。

リーグ戦は苦しんでいるが、ルヴァン杯はまずまずのサンフレッチェ。
ここは、いい感じでリーグ戦にも繋げたい。


……と思っていたのだが、開始早々神戸のファーストシュートが決まってしまう。

ああ!今年の流れだ!

もうこれはそういう力が働いているものと受け入れるしかないのか。


とにかくうまくいかない前半。
いや、カウンターに繋げそうな面白い守備もできてはいるのだけど。

あれだな、みんなで大縄跳びをしてる構図と同じ。
1人がひっかかると縄跳びは止まってしまう。
対戦相手からみたら、一番弱いところを止めれば全体を止めることができる。

そんなわけで前半で4失点。
にしても神戸は、簡単に枠内シュートを撃ててる。撃たせてしまってる。

後半、青山、野上がイン。
そして前半とは違って、神戸のシュートが枠を逸れていく。
そしてそして、長沼の初得点。

いきなりの失点で、攻めないといけなくなった前半。
ただ、攻める形のバランスが崩れていたのかな。

勿体無い1試合となってしまったか?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サンフレッチェ広島 3−3 ベガルタ仙台 [サンフレッチェ]

広島25周年記念試合。
スペシャルゲストにサンパイオ。

勝つぞ!
と試合に入るが、前半はやはりなかなかゴールが生まれそうにない。
うーん。
と、思うけど、考えてみたら前半0−0で動かないのは、前からだったことを思い出す。
寿人から浅野への交代が機能しまくっていた時も、そうだったな。

後半。
54分に柏。60分に工藤がゴール。
やった!
これで勝てる!!

しかも、今年初めての複数得点。
……そりゃもう安堵感が出てしまうか。

勝てると思ったら梁勇基に決められ失点。
まだ、1点差と思ったら、FKを三田にビューティフルに決められ同点。てっきり梁が蹴ると思っていたが。
まだ同点だと思ったら、石原に決められ逆転される。

安堵感め!
と、思う。
けど、相手がリスクを負っても攻めなきゃいけなくなった時、攻守のバランスを崩してるのがサンフレ側なんだろうな。

複数得点したのに、しくじったという脱力感で、このまま終わりそう。
ただ、実は仙台も今年失点が続いているチーム状態。
つけいる隙はあった。

アディショナルタイム、ラストプレイで同点に。柴崎晃誠が決めて同点。ギリギリの時間で。

劇的ではあるが、納得はできない試合でした。
今年ゴールがなかなか奪えない中で、3失点しながらも負けなかった。3得点できた。
後味は良くない。でも。いや、でもでも。

今年の流れ的には何か起きるところかもしれない。
タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

マンガ図書館Zでキャンペン中なのです。 [漫画]

マンガ図書館Z

作家応援キャンペーン 新谷明弘セット

が始まってます。PDFで色々と。

これまでに公開していた

「未来さん」
「期末試験前也(上中下巻)」
「保健委員知美」

に続き

「からだの国のありす」
「 東京から広島まで走ってみた。」
「ダンジョン経済におけるまほうつかいの」

が、マンガ図書館Z上で公開されてます。


さらに、
限定商品1. サイン色紙
限定商品2. 未公開読み切り作品「ポジティブ仮面」(8p)
限定商品3. 未公開読み切り作品「吾輩は次世代機である。」(16p)
限定商品4. 未公開読み切り作品「朝からミトコン」(12p)
限定商品5. 未公開読み切り作品「チェーンシティ」(24p)
限定商品6. 「未来さん」の後半と「期末試験前也」の前半のノート(見開き31p)

がPDFで。まあ、ちょいと珍しいものも。
合わせて2500円です。
4月24日まで。

そんなわけで、こちらに縁がある人はどうぞ宜しくお願いします。

この臨時収入で、ヘルシオグリエを買って、美味しいもの食べて、これからも原稿描いていこうと思います。
まいどあり。


シャープ ヘルシオ グリエ ウォーターオーブン専用機 レッド AX-H1-R

シャープ ヘルシオ グリエ ウォーターオーブン専用機 レッド AX-H1-R

  • 出版社/メーカー: シャープ(SHARP)
  • メディア: ホーム&キッチン



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

サンフレッチェ広島 0−1 横浜F・マリノス [サンフレッチェ]

イースター in Eスタ。
イースターというと、夕方に再放送してたトムとジェリーの「イースターおめでとう!」が再生されてしまう世代です。

まいどおなじみこのカードは、塩谷vs齋藤学。
リベロは野上。ボランチは柴崎と丸谷。

公式戦2連勝で、いけそうな気分だったのだが、開始早々に、FKからドフリーになっていた中澤に足で決められ失点。
やられた……というより、やっちゃった感。
ただ、公式戦2連勝といういけそうな気分があるので、それほど落ち込まない落ち込まない。

顔見せ的なミドルシュートからだんだんと少しづつ相手ゴールに迫っていく。
流れ的には悪くない、シュート増えてきてるのだが……枠にいってない。

いつの間にか齋藤学が逆サイドにいっていたりして、あれ?どういう作戦かしら?
というのもあるのだが、問題なくシュートまではいけてる。
けど、枠にいかないシュートなのよね。

イケそうという期待と、勝てない時の不安が混ざり合うハーフタイム。

後半。見せ場は増えてくる。
が、やっぱり最後は決まらないシュート。

ヤバイ。
と思うが、Fマリノスの追加点は幸運力でなんとか凌ぎながら時間が進む。
今日は、まだ運が残ってる。

だが、だが、だが、枠内シュートが増えていかない。



結局そのまま試合終了。



シュート数23本vs9本なのに、敗北。
ただ、枠内シュート数だと、3本vs3本。
まあ、妥当。
この辺がね~。

参考に。
サンフレッチェ広島 2017マッチレポート | 4月16日 vs 横浜FM | Football LAB ~サッカーをデータで楽しむ~
http://www.football-lab.jp/hiro/report/?year=2017&month=04&date=16
タグ:SanFrecce
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の4件 | -